読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずぴー日記

陽気なプログラマが世界を廻す

Amazon EC2 スポットインスタンスを開発環境にする

2015.10.28追記: これを題材にしてLTをした。

最近、スポットインスタンスで開発環境を作って、そこにsshでつないで作業することが増えてきた。

ローカルのマシンのスペックに左右されないし、バッテリーの消費も抑えれる。さらに、c4.large(2CPU; メモリ 3.75GB)でも0.02ドル/Hくらいの安価で借りれる。

ただスポットインスタンスは、インスタントが突然破棄される可能性があるので、書いている途中のコードが失われないような工夫が必要になる。

準備

  1. 適当なインスタンスを作って、開発環境を構築する
  2. そのインスタンスからAMIを作成する。(参考: Amazon Machine Images (AMI) - Amazon Elastic Compute Cloud)
  3. EBSボリュームを作って、そのインスタンスにアタッチする。そして、適当なファイルシステムでフォーマットする。(参考: 既存EC2インスタンスにEBSボリュームを追加(アタッチ)する - Qiita)

作業するとき

  1. 上記で作ったAMIを指定して、スポットインスタンスを使う。 だいたい、c4.largeを使うことが多い。
  2. EBSでアタッチして、マウントする。 書いてる途中のコードなど消えると困るデータは、そこに置く。

おまけ